経営理念

起業前、まだ時給900円のパートをする前の専業主婦時代
私は子どもにこんなことを言われました。

「ママー!私、大きくなったらママみたいになりたい!」
「ママみたいに家で何もしない人になりたい!」

専業主婦をしていた私。
働きに出る事もしていなく1日中家にいた私。

「ママみたいになりなよ~!」
と言えない自分に恥ずかしく
子どもの目標にさえもして欲しくない自分の姿に
本当に愕然としました。

「ママだって一応家事してるんだけどな・・・」
「洗濯とか洗い物とかも一応大変なんだけどな・・・」

そんな風に言いながら

一生懸命自分をかばい
惨めにならないように
大丈夫大丈夫!と
必死に自分に言い聞かせていたのを今も覚えています。

子どもが保育園に預けられるようになり
時給900円のパートで働くようになって

「とにかく資格ないと給料が低い」と痛感する私は
看護師や薬剤師などの国家資格を持っている人を
とても羨ましいと思いました。

「資格があれば時給だってもっと高いはずなのに・・・」
「あの時あの学校に行っていたらもっと給料の良い仕事につけたはずなのに・・・」

そんな風に思う私は
子どもにも

「ただの大学ではなく何か資格が取れる学校が良いよ」
「看護師とかいいんじゃない?」
「薬剤師とかがいいんじゃない?」
なんて

とにかく自分とは同じ道を歩まないように
必死にエリートな道を勧めました。

専業主婦時代あんなに惨めな思いをし
時給900円時代にあんなに後悔し

そこから私は・・・それをバネに起業し

2年で4人の子どもを育てながら月商2000万をした今
子どもからはこんな風に言われるようになりました。

「私ママみたいになりたい!」
「将来はママみたいに起業したい!」
「ママみたいに学校一お金持ちになりたい!」

ママみたいになりたいと自分を目標にされることも
起業したいと言われることも
学校一お金持ちと言われることも

否定する私はもうどこにもいません。

今の私は
3ヶ月で月商85万
その2ヶ月後に月商200万
翌年月商450万

起業2年で4人の子どもを育てながら月商2000万をしたことで

自信を持って
「ママみたいになると楽しいよ!」
「ママみたいに起業できると幸せだよ」

全力でそう言えるようになったのです。

絶対に私のようにならないで欲しかった
あんな生き方から・・・

私のようになったら本当に幸せだよ
と心から言える生き方になりました。

子どもに幸せになってほしい
子どもにより良い生活をしてほしい

親なら誰しも
そう思うのではないでしょうか。

育児書を片手に
参考書を片手に
ガミガミ神経をとがらせて育児をしても

ママが体現できていないのなら
子どもが幸せになることはできません。

幸せな子育てに必要なのは
「勉強しなさい」
「良い大学へ行きなさい」
「良い会社へ就職しなさい」

ではなく、

自分の人生を最高に楽しんで生きる為に
好きな場所で
好きな事を仕事にし
十分すぎる経済力を身につける

その生き方を
私たちママ自身
背中で見せていく事ではないでしょうか?

自分の出来ないことを子どもに押し付けるのではなく
自分が体現する事で

子どもはその背中を見て

幸せな働き方が出来る生き方へ
自然と進むことが出来るのです。